ZEHゼッチ(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)について

2016年12月22日 ZEHゼッチ(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)にビルダー登録完了致しました

ZEHゼッチ(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)にビルダー登録完了致しました

ZEH ( ゼッチ ) とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略で 住まいの断熱性・省エネ性能を上げることです。

経済産業省が推進する事業で、以下に政府の見解概要を掲載しておきます。

我が国では「エネルギー基本計画」(2014年4月閣議決定)において、「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均で住宅の年間の一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロとなる住宅(以下、「ZEH」という)の実現を目指す」とする政策目標を設定しています。経済産業省資源エネルギー庁は、この目標の達成にむけたZEHロードマップの検討をおこない、そのとりまとめを2015年12月に公表しました。
本事業は、上記政策目標とその達成にむけたZEHロードマップに基づき、ZEHの自立的普及を目指して高断熱外皮、高性能設備と制御機構等を組み合わせ、ZEHを新築する、ZEHの新築建売住宅を購入する、または既築住宅をZEHへ改修する者に補助金を交付するものです

ということで、住宅の断熱、空調、などで使用する年間の一次消費エネルギー量を削減する

ということです

当社では、オリジナルの施工(随時研究、工夫を加え)でコストダウンを図りながらZEH対応住宅を作って行きます

具体的には、断熱材を厚くし断熱効率を上げ燃料消費を抑えたり、電気とガスの良い所を取り入れたハイブット住宅だったり、太陽光発電を取り入れるなどです

武匠では、光熱費のシュミレーションソフトを使い、で5年間後、10年後の光熱費の違いを計算し、お示し致します。

それぞれのお客様に、合ったプランをご提案させて頂きますのでご相談下さい。